情報ロボット関連事業

ロボットテストフィールド・国際産学官共同利用施設

概要

 福島県では、物流やインフラ点検、大規模災害などに対応する陸・海・空のロボットを対象として、ロボットの使用が想定される多様な環境を模擬できる大規模な実証フィールドです。実証試験を支援する基本的な環境試験・計測・加工設備や、研究者を支援する長期間滞在設備を備えています。

詳細

ロボットテストフィールドが備える主な機能
〇無人航空機エリア
  ・緩衝ネット付飛行場や滑走路での基本飛行試験
  ・落下措置、衝突回避、非常時着陸、物件投下など特殊飛行試験
  ・10km以上の長距離飛行区域
  ・携帯電話電波やロボット電波などの通信環境整備
  ・地上~150m上空の風向風量情報提供
  ・地上の第三社との調整支援

〇インフラ点検・災害対応エリア
  ・トンネル、橋梁、道路、市街地、住宅・ビル、プラントでの維持点検、障害物除去・啓開、捜索救助訓練
  ・風雨、火災、発煙、ガス漏れ(防爆)、暗所など多様な環境を模擬
  ・土砂、泥濘、岩石、コンクリ片、倒木、車両、電鋳、亀裂、陥没など多様な障害を設置
  ・電源、LAN回線、計測カメラ、スピーカ、照明車、クレーン車、整備室などの支援機器を設置

〇水中水上ロボットエリア
  ・屋内外の大型水槽での基本運動性能試験
  ・水中構造物を水没させての維持点検試験
  ・ダム・河川を想定した水流、濁度、明度を調整可能
  ・水没市街地、水没車両の捜索救助訓練

〇開発基盤エリア
  ・基礎的な計測装置、耐環境試験装置、加工機
  ・電波暗室、3軸同時振動試験、防爆試験など特殊計測装置
  ・滞在者用の研究室、オフィス、TV会議室、宿泊施設、整備格納庫

お問い合わせ先

部署
役職
担当者名
電話番号
メールアドレス

最終更新日:2019年9月24日
情報提供者:事務局

イベント一覧 全部見る